人気ブログランキング |

Take it easy!! tacoro.exblog.jp

私の生活に大切な物、もの、者


by tacoro
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2005 フランス MSMとアルザス #19

ストラスブールを散策    2005.07.14

電車からワインを持って落っこった私は、立ち上がって体をチェック。自分でも驚きだけど全然怪我しませんでした。まだまだイケてるじゃん。

タクシーでホテルに向かいます。今回は旧市街にある「ホテル・メゾン・ルージュ」。
旧市街に入ると石畳が続き、タクシーも揺れます。ドライバーさんはちょっと迷って無線で確認したりして、ちょっと不安だったけど、アララ、いつの間にかホテルの前にいたのでした。

ホテル・メゾン・ルージュ
e0059520_12173396.jpg


チェックイン時間にはまだ早かったけれど部屋に入れてもらえ、ほっと一息。
外は晴天以上のかなりの日差し。紫外線がものすごそうです。
「はぁ~」となんだかとっても疲れてしまい、なんとこの後2時間ほど昼寝してしまいました。
今回の旅は結構移動が多くて、ここにきて少々疲れが出たようです。


昼寝から復活して、さあ街に出かけましょう。
まずはやっぱりメインのプティット・フランスへ。木組みの家並みがとても美しい場所です。
昔は水を利用した革なめし職人や漁師が住んでいた地区だそうです。
イル川が分岐するのがここら辺で、遊覧船も停まっていました。どうも運河超えをするようですが、炎天下に満席の船はとても暑そうです。それを見て遊覧船はパスすることにしました。

プティット・フランス。
e0059520_12205341.jpg

e0059520_122573.jpg


ちょうど運河ではちびっ子達のカヌー教室をやっていて、ボートとオールとヘルメットがなんとも色鮮やかです。
e0059520_12221610.jpg


沢山のパラソルが開いてカフェも賑やかです。ここで一息。ビールを一杯飲みながら、この美しい風景を楽しみました。


プティット・フランスから川沿いに今度は大聖堂に向います。途中、プレッツェルの露店を見つけました。やっぱりドイツの文化を感じますね。



色んな種類のプレッツェル。手前にあるのはクグロフ。ドイツとフランスの融合店だ!
e0059520_12232895.jpg


ノートルダム大聖堂に到着です。
11世紀の建物です。高さ142mの尖塔ができたのが1439年のこと。この時は丁度上部が工事中でした。

そびえ建っているという言葉がピッタリ。
e0059520_12594664.jpg


ガイドブックによると「建物全体がばら色に輝く」とあったのですが、見た感じは確かにパリのノートルダムと比べると、ちょっと赤みがある薄いベージュといった感じでした。

壁面の細かい透かし彫りが見事です。
e0059520_1301768.jpg


中もとても荘厳です。祭壇の天井画が素晴らしい。
e0059520_1312780.jpg


もちろんステンドグラスも。
e0059520_131597.jpg


e0059520_1331341.jpg


この大聖堂で有名な物は大時計だそうです。12:30になると、キリストと使徒たちの人形が現れる仕掛け時計だそうですが、私たちは見逃してしまいました。(ホテルで眠ってたのよね~。無念)

 つづく。。。
Commented by まあこ at 2013-02-15 12:41 x
素敵なステンドグラスですね!美しいです☆
たーころさんの写真がとても綺麗なので、うっとりします。
プレッツェル、美味しそう♡
Commented by tacoro at 2013-02-17 09:11
ステンドグラスって奥が深いですよね。。。。突き詰めて調べていくのも面白いのだろうな。。って思いながらも、なかなかそこまではね。
なので感覚的に美しい、素敵、って思える物をカメラに残すだけなんですけどね。
by tacoro | 2013-02-13 12:15 | 2005 フランス MSMとアルザス | Comments(2)