Take it easy!! tacoro.exblog.jp

私の生活に大切な物、もの、者


by tacoro
プロフィールを見る
画像一覧

2005 フランス MSMとアルザス #15

アルザスワイン街道巡り④ クリスティーヌさんのジャムとワインの試飲 2005.07.13

クリスティーヌ・フェルベールさんは、ジャムで世界的に有名な女性。私が初めてその名前を知ったのは、TV番組の「世界ウルルン滞在記」でした。

アルザスにある、本当に小さな村ニーデルモルシュヴィルに彼女のお店があり、リポーターがそこで1週間のジャム作りの特訓を受けていました。
世界的に有名なシェフも彼女のジャムを使っているそうで、彼女もまた有名なパティシエでもあるそうです。世界各地に招待されて不在がちな彼女ですが、普段は自分でジャムの素材を畑に取りにいったり新しいブレンドを考えたり、普通にお店にでているそうです。今回、彼女には会えるかしら。。。


ニーデルモルシュヴィル村の市庁舎。可愛いです。
下の緑の扉にはハート型の小さなくり抜き飾りがあって可愛い。
e0059520_20373677.jpg


右手にある建物がお店。家々の合間に見えるブドウ畑。
e0059520_2038270.jpg


お店は意外に小さな素朴な感じでした。
e0059520_20391064.jpg


中に入ると、左手にズラリとジャムが並んでいました。ものすごく沢山の種類で感激!071.gif
野菜や果物のブレンドのジャムが多いんですね。

とても興奮してしまいカブリツキでビンを眺めます。
だけどフランス語。。。。何がなんだかわかりません。ボーっとしていたら、ガイドのジョンさんが一つ一つ説明してくれました。ありがたや、ありがたや~。


一見、同じ色っぽいから同じ物かと思いきや、微妙にブレンドしている素材が違っています。
e0059520_20404085.jpg


お土産用のお菓子。赤いリボンが可愛い。
e0059520_20414658.jpg


ケーキは素朴な感じの物の他に、マカロン、エクレアなどがありました。なんとなく品薄?
e0059520_20423380.jpg

e0059520_20424767.jpg


色々悩んで結局ジャムを3つ買いました。パンだけでなく、お料理の隠し味にジャムを使うらしいのですが、私はシンプルに美味しいパンを買ってきて楽しみたいと思っています。
 そうそう、クリスティーヌさんはこの日はお店にはいませんでした。残念。。。



さてお次はお待ちかねのワインの試飲069.gifです。Wettolsheim村にある Paul Buecher というワインセラーに連れて行ってくれました。ここは家族経営でそれほど大きくはないようですが、その分丁寧な仕事をするようです。

オレンジ色の壁が印象的なPaulBuecher  
e0059520_204921100.jpg


セラーの主はお仕事中。  
e0059520_20495346.jpg


樽の内側には澱(おり)がついていました。
e0059520_20501564.jpg


工場見学をした後、試飲コーナーへ。
セラーの方がお忙しいのか、ガイドのジョンさんが「勝手知ったる他人の家」状態で、ワインを取り出して飲ませてくれました。
6種類のワインを甘い物から辛い物へそして最後に甘い物をもう一度試してみました。どれも美味しいのでついつい飲みすぎてしまいます。


試飲コーナー 
e0059520_20521154.jpg



ジョンさんがサーブしてくれます。彼はソムリエの資格もお持ちだそうで、色々詳しく教えてくれました。
e0059520_20523166.jpg



飲んだ飲んだ! 結局3種類をお買い上げでございます。
e0059520_20532411.jpg


 次は最後の町、エギスハイム。





                   
[PR]
Commented at 2013-01-09 15:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まあこ at 2013-01-13 08:22 x
たーころさん、このクリスティーヌフェルベールさんのジャム、以前に教えていただいてそれ以来、時々、伊勢丹で買っています♫
美味しいんですよね〜♫
いろんな味があっていいです〜
Commented by tacoro at 2013-01-14 19:56
まあこさん、このジャム、ラベルも可愛いし美味しいし、ちょっとお高いけどプチ贅沢を感じさせてくれますよね。
意外な物のジャムがあったりして、それもまた楽しいですね。
ちなみに私は柑橘系のジャムが好きです。
by tacoro | 2013-01-09 09:31 | 2005 フランス MSMとアルザス | Comments(3)