Take it easy!! tacoro.exblog.jp

私の生活に大切な物、もの、者


by tacoro
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今、東京都美術館フェルメール真珠の耳飾りの少女」が来ていまよね。

彼女に会いに「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」 を見に行ってきました。
e0059520_20522979.jpg


東京都美術館は2012年夏、リニューアルを終え、そのグランドオープン記念として、このマウリッツハイス美術館展を開催しているようです。そして、マウリッツハイス美術館は現在リニューアル工事中のため、こうやってまた来日することができたんですね。
e0059520_20551796.jpg
美術館はモダンなインテリアになっていました。
e0059520_20572123.jpg


9:30開場とのことだったので、30分並ぶことを覚悟して到着したのが8:45ごろでした。
前には50人位の人が既にお待ち状態。でも幸いなことに建物の中に入れてくれるので暑い中、外で並ばずに済みました。そうしたら。。。待つこと10分ほどで、9:00に開場になりました。ラッキー! 

音声ガイド500円を借りましたが、正解でした。やっぱり展示されている絵の説明書きを読むのは混雑している時は難しいですが、ガイドを聞いていればちょっと離れて絵を見ていても良いし、詳細も聞けますものね。

展示数はそれほど多くはないのですが、フェルメールの真珠の耳飾りの少女を始め、レンブラント「自画像」など6点が並んでいます。私はレンブラントの「シメオンの賛歌」という絵が印象的でした。レンブラント特有の光と影が見事でした。

メインの「真珠の耳飾りの少女」ですが。。。さすがですね。。。ハッとして、その後は釘付けになってしまいました。
彼女の前は列になってゆっくりと歩きながら立ち止まらないようにして観賞するようになっています。が、最前列ではなくても少し手前から見えてきますので、結構長く見ることができました。


こんな展示物もありましたよ。
e0059520_21142689.jpg
オフィシャルサポーターの武井咲さんが真珠の耳飾りの少女に扮した時の衣装だそうです。

さて展示会の最後にあるのは、そう、SHOP ですね。マウリッツハイス美術館展にちなんがグッズが所狭しと並んでいました。こういうの、買わないように、買わないように、っていつも思うのですが。。。。。

買っちゃいました。。。。
e0059520_21202921.jpg
やっぱり「真珠の耳飾りの少女」は外せませんね。それと印象深かったレンブラントの「シメオンの賛歌」のクリアファイルを買ってしまいました。。。
それと同じオランダ出身のミフィーちゃんとのコラボ、「真珠の耳飾りのミフィー」も。
e0059520_21254822.jpg
ミフィーったら、青いターバン黄色のスカーフはもちろん、ちゃーんと真珠の耳飾も付けているのよ056.gif

約一時間ちょっとで見終わりました。1Fのカフェでちょっと休憩。
e0059520_21304959.jpg
プリンロールケーキを戴きました。ロールケーキの硬さやプリンの甘さも丁度良くて美味でした。
久しぶりの絵画観賞でしたが、見に行ってよかった!
[PR]
by tacoro | 2012-07-31 21:39 | お出かけ | Comments(0)

2007 プラハ 22 最後の夜

2007.05.03
とうとうプラハ最後の夜になってしまいました。プラハに6泊、ゆっくりと街を楽しんできました。でもあっという間。
 さて最後の晩餐は。。。。
さすがに結構疲れていて、あまり遠くに行きたくありません。どこにしようかな。。。。。 
あ、そうだ!ホテルの直ぐそばにあるウンゲルト広場にあるレストランにしましょう。。。。昼間の広場の雰囲気自体もよかったし、何となく落ち着く感じがしていたのを思い出しました。METAMORPHIS というホテルにあるレストラン、Vabene

ウンゲルト広場にあるレストランVabene
e0059520_16533623.jpg

このテラスでいただきました。ここで初めてチェコのワインを頂いたのですが、とっても美味しかった!
ハウスワインなのでどこの銘柄なのかは定かではないのですが、とっても爽やかでフルーティーで疲れた体に染み渡っていくようでした。

 ワインを頂きながら、そうそう、すっかり忘れていたスメタナのモルダウのMDを取り出して聞いたのでした。最初の予定では、この曲はプラハの高台に行って、オレンジの屋根とモルダウ川を眺めながら聞く予定だったのに、すっかり忘れてしまっていたのでした。。。。
でも最後の夜にこの曲を聴きながら、この6日間のプラハ・カルロヴィヴァリ、チェスキークルムロフの景色を思い浮かべ、旅の終わりを楽しみました。
e0059520_16555825.jpg

さてオーダーしたものは。。。ここまで来て、何故かやっぱりパスタが食べたくなりました。そう、のびちゃってそうなパスタです。でも何となく少しは良い物が出てくるかな、と期待も込めてオーダーしてみました。

その前に、ちょっと肌寒かったので暖かいミネストローネスープをオーダー
e0059520_16572251.jpg

そして。。。
e0059520_16582189.jpg
やっぱりノビていたパスタ。。。。。ソースはGood.

宿六はもうこの旅で何回めだろうか?ヴェプショヴィー・ジーゼク(豚のカツレツ)。好きだなぁ。。。お互い。
e0059520_16585078.jpg


食後、清算の声をかけたけど、なかなか来ない!来ない!来ない!
来た! 花売りが来た! 来ちゃった!  でも買ってもらえなかった。。。。


夕食を終えてホテルに向う途中に見えたティーン教会の裏側。
e0059520_1713449.jpg
トワイライトに浮かび上がった塔の先端が美しいです。

最後の夜景を撮りに、脚立をもって旧市街広場に向いました。
e0059520_1722897.jpg

e0059520_1731091.jpg
e0059520_1732154.jpg


最後の夜、プラハの美しい夜景を目に焼き付けました。
明日はとうとう帰国です。
[PR]
by tacoro | 2012-07-25 10:46 | 2007 プラハ | Comments(0)
夏の休日のお昼ごはんの定番は、今までは冷やし中華だったのですが、コストコで韓国伝統水冷麺を買ってからは、これも我が家の定番になりました。
e0059520_163129100.jpg


スープと乾麺が1セットになっていて5袋入っています。
今まで家で冷麺を作った事がないし、お店でもたま〜にしか食べた事がないので、トッピングは何を乗せるか迷ったけど、スーパーでナムルセットとカニ風味を買ってきました。

スープを冷蔵庫で冷やしておいて、乾麺は1分茹でて冷やせばOK。
とっても簡単!

こんな感じになりました。
e0059520_16393426.jpg


お好みでカラシを加えて、いただっきま〜す!
う〜ん、美味しい!ナムルとの相性も良くって、カニ風味蒲鉾もいい味出してくれています。

再度この間買ってきました。クセになります!
[PR]
by tacoro | 2012-07-21 16:43 | コストコ | Comments(0)
BRIC a BRACでアンティークを物色した後、新市街の本屋さんに向いました。
途中、ハヴェル市場にまた立ち寄って、なぜか赤い物にトリツカレタように、写真を撮ってしまいました。目にしみるような、でも色んな、こうやって比べてみると、自然の色ってスゴイな、って素直に感じます。
e0059520_1751097.jpg
e0059520_1753716.jpg
e0059520_176878.jpg
e0059520_1763691.jpg


市場を抜けて、お昼を食べにまたカフェ・ルーブルに行く事にしました。
今回頂いたのは、クラブサンドとビール。普通に美味しかったです。
e0059520_1774710.jpg

この後は隣にあるスーパーテスコにまたまた行ってみたり、プラプラと新市街の方へだんだんと近づいて行きました。

新市街も、さすがプラハですね。見上げると色んな様式の建物が並んでいる事に気づきます。何の建物かよくわからなかったけれど、ちょっと気になった建物がこれ。
e0059520_1794937.jpg


さて、新市街で一番賑わっているのが、ヴァーツラフ広場。ここはチェコの近代歴史上、とても大きな事件がおきた所。
プラハの春」時の、ヤン・バラフの焼身自殺、1989年の無血革命、ビロード革命。。。。
なのに、 ここの写真を1枚も撮っていないことに愕然。。。

今はすっかり、一番の賑わいをもった繁華街です。大きな本屋さんもここに数件あります。
目的の「ダーシェンカ」があるか数件のお店を覗いていました。そして多分一番大きいと思われるお店でついに見つけました!それも割引価格で山積みでした。れれれ?


絵本売り場、こんな感じの品揃えでした。
e0059520_17123656.jpg

絵がやっぱり可愛いので、読めなくても見てるだけで楽しい。
e0059520_17124975.jpg

目的の本も買って、またホテルがある旧市街へ戻ります。
途中、かわいいお店をみつけました。
布をつかったぬいぐるみのお店!ART DEKOR  ぬいぐるみは手作りだそうで、他にも子供服なども置いてありました。
e0059520_17143833.jpg
e0059520_1715583.jpg
ここでは、ロバとカバを買ってきました。

お店をでてまたフラフラと歩いていると。。。ちょっと目を惹く建物がありました。
ヨゼル・ゴチャールの設計による、「黒い聖母の家」。代表的なキュビスム建築です。内部には、「チェコ・キュビスム博物館」になっていて、絵画や彫刻、家具などが展示されているそうです。カフェもあります。

キュビスム様式は、絵画で有名ですね。ピカソ、ブラックが代表的でしょうか? このキュビスム様式を建物に取り入れたのは、チェコだけだそうです。多面性が特徴。
e0059520_17181917.jpg


たらたらと歩き続け、またまた路地に足を踏み入れていくと、いい感じのカフェがありました。。。
e0059520_17192462.jpg


小道ってほんと、面白いですね。
[PR]
by tacoro | 2012-07-18 10:02 | 2007 プラハ | Comments(0)
美味しいお魚フレンチを食べたくて、国立にある 壺中天地 ル クリマ さんにAちゃんと行ってきました。
e0059520_7453384.jpg


このお店は以前、同じ国立で他の場所にあった時に、一度訪れた事があるのです。
そのお店が大学通り、一橋大を過ぎたあたり、ル・アントルメ国立の並びに移ったんですね。

e0059520_7583678.jpg
対面式のカウンター席と奥に6人くらい座れるテーブル席があります。二人ですとカウンター席のようです。でもカウンター席はシェフの所作が見えてくるので面白いですね。
そしてお箸も用意されているのが好印象です。

今回は6,500円のお任せコースでお願いしました。

一皿目の前菜は、小魚のマリネ。アップにするとちょっと怖いですね。。。。
e0059520_83542.jpg
ベルギービールに合うわ〜。
e0059520_86350.jpg


二皿目の前菜はカルパッチョ
e0059520_865890.jpg
とってもお魚が新鮮でプリプリしていて美味。


さてAちゃん、義両親の介護も先が見えてきたようで、いつもの明るさが戻ってきてヨカッタヨカッタ。それにしても、本当に良い嫁さんだとつくづく感心します。偉いぞ!


三皿目は、確かウニ風味だったと思うのですが、パイ?キッシュ?
e0059520_8153384.jpg



ところでAちゃんの知り合いに、パリを拠点としている日本人女性の版画家Bさんという人がいるのです。
たまに帰国して小田急デパートなどで個展をしていたりして、一度私もお邪魔したこともあるのです。
女性らしい、柔らかな雰囲気の素敵な版画でした。そしてBさん自体がとても明るくて気さくでオシャベリ好きな人で、とても楽しかった覚えがあります。


四皿目は魚料理のメイン。わぉ!イセエビだ!
e0059520_820010.jpg
言わずもがなの美味しさです。

二杯目は変わったグラスのビールでした。
e0059520_833748.jpg



そのBさんが、今、癌と戦っているとききました。 初期の段階だったので今は手術も終えて、”パリで個展を開く!” ことを目標に化学療法を受けて頑張っているそうです。とっても前向きな人で、こちらの方が励まされます。


五皿目はお肉のメイン。〇〇ボーって聞こえたのですが、すごく柔らかいお肉でした。
e0059520_8265627.jpg



そしてBさんの個展がいつかパリで開かれたら、Aちゃんと「二人でパリに弾丸ツアーしちゃおう!」って盛り上がりました。絶対そうなりたい、そうさせたい!


デザートは盛り合わせ。グラスに入ったカスタードのデザートがとっても美味しかった。
e0059520_8345056.jpg



このお店は、和風フレンチという感じでしょうか、お魚を使ったお料理が美味しい!
ベルギービールも数種類用意されています。
また行きたいお店でした。


2012.07.06
[PR]
by tacoro | 2012-07-17 07:40 | 思い出の食卓 | Comments(4)

ワン!チャーム

可愛いチャームを見つけました!


e0059520_7263391.jpg


パリ輸入雑貨のお店で発見。

王冠もナイス! 目のビーズは緑色! そしてダックス?!

色は色々あったけど、このピンクのトートに合うホワイトにしました。
ハンドメイドだそうです。
[PR]
by tacoro | 2012-07-16 07:24 | お買物 | Comments(2)
バーゲンに入る前の週、歌舞伎を見に行く前にちょっと寄った伊勢丹で、バッグを買っちゃいました。

通勤にも使えるシンプルだけど、ちょっとオシャレなのが良いな、って思っていたところ
目に入ってきたのがヘレン・カミンスキー。

Helen Kaminski の ASANTE
e0059520_754990.jpg

実際は、このASANTEは並んでいなかったのですが、店員さんに色々相談していたら奥から出してきてくれました。
最初はちょっと地味、シンプル過ぎ?って思ったのですが、他のバッグと色々比べてみると、これが一番体にフィットしました。とっても柔らかいんです。
持ち手も写真だと短そうに見えるけど、実際は肩がけになります。
素材はラフィア椰子。

中もしっかり布張りされているので使いやすそう。
e0059520_717743.jpg


梅雨が明けたら、デビューです。
[PR]
by tacoro | 2012-07-15 07:24 | お買物 | Comments(2)
2007.05.03
橋塔からの素晴らしい眺めを見た後は、プラプラと気が向くままに。。。
そういえば、宿泊しているホテルの直ぐ裏手には、ウンゲルト広場があるのだけど、そこに全然行ってないのい気づきました。
この広場辺りにはカフェやお店が程よくあったり、のんびりした感じもあったりして、
なかなか雰囲気がよいです。

広場の入り口。気持ち良さそうな広場です。
e0059520_19125839.jpg

中に進むとこんな感じ。大きな木があって、程よい広さで、落ち着く感じがしました。
e0059520_19141869.jpg


広場の周りにはワインバー、カフェ、レストラン、マリオネットのお店や、画廊、本屋、雑貨屋さんなどが並んでいます。
本屋さんを見て思い出しました!チェコは絵本でも有名なのです。とても絵が可愛いくて、日本にもたくさん翻訳されているようです。チェコでは絵本のキャラクターが国民キャラクターになるくらいの絵本天国だそうで、私も欲しい本があったのです。
ダーシェンカ」という本。著者はカレル・チャペック
彼が自分の飼っていた犬の生活をイラストと写真をつけて綴ってある本です。この本の写真を持ってきていたので、早速広場にあった本屋さんに入ってみました。
ここの本屋さん、小さいのですが、センス良く本が並べてあってなかなか素敵。絵本コーナーに行ってみたけど、見つからないので、店先でお喋りに夢中になっていた店主さん(と思われる)人に、写真を見せて尋ねてみました。
 すると、「ここには置いてないです。多分××の本屋ならあるかもしれない」と教えてくれました。
そして「この本はとっても古い本だよ。僕の父親が子供だった頃にとても人気があった本だよね」と。
 教えてもらった本屋さんは、正直全くどこだかわからなかったので、後で新市街にある大手の書店にいくことにしました。

さて、アンティークのお店もこの広場の直ぐ近くに数件あります。最初に来た日から気になっていたお店があったので行ってみます。
e0059520_1918690.jpg

Bric a Brac というお店。入り口からして、なんだか面白そうなお店です。
中に入ると、小さな場所に物凄く沢山のアンティークがギッシリ!アンティークといっても、高級アンティークではなく、ブリキのおもちゃ、カップ、グラス、ボタン、楽器、バック。。。。などなど。 面白い!

じっくりと眺めていると、いつの間にか他のお客さんがいなくなり、私達だけになってしまいました。
すると、店主さん、これまたイカニモ!とい風情ある方なのですが、この店主さんが、「もう1軒店があるけど、見たい?」とサプライズの一言。「はい!もちろん!!!!」
 ということで、おじさん、すぐに店に鍵をかけてレッツゴー! 歩いて2,3分。小道を入っていくと、そのお店がありました。

ここがもう1軒の BRIC a BRAC 周りの雰囲気もいい感じ。。。
e0059520_1921980.jpg


鍵を開けてくれ、「さあ、どうぞ」と。
中にはいると、うひゃ~! お宝?ザックザク状態です。もう興奮!ワクワク!


長細い店内には物がビッシリ!
e0059520_19325238.jpg


ビーズのアンティークバッグ。こいういの好きなのですが、持っていく場所を考えると結局買えませんでした。
e0059520_19335065.jpg


気になったカード。絵が面白そう。
e0059520_19345693.jpg


カップやグラスも沢山。左下の赤い淵のあるティーポット、今思えば買えばよかったかなぁ。。。
e0059520_19353264.jpg


かなりの時間ここのお店にいました。そして、結局お買い上げしたのは、チェコクリスタルのショットグラスセット。6個のショットグラスがシルバーの台に並べてあるもので、クラックが所どころあったりするので、使わないで飾っておくことにしました。

BRIC a BRAC の店内の様子がこのサイトで見れます。
http://www.360cities.net/image/bric-a-brac#-47.94,-12.35,74.7


すっかり気分良くなってお店をでました。次は本を探しに新市街へ。

つづく。
[PR]
by tacoro | 2012-07-11 09:10 | 2007 プラハ | Comments(0)
 七夕の日、7月大歌舞伎を見に、新橋演舞場に行ってきました。
e0059520_21134178.jpg


 演目は、今話題の4人の襲名披露公演です。詳しくはコチラを。
e0059520_21145445.jpg

 二代目 市川猿翁・・・元、市川猿之助
 四代目 市川猿之助・・・元、亀治郎
 九代目 市川中車・・・香川照之
 五代目 市川團子・・・香川照之の息子
この4人の襲名披露公演ということだけでも見どころ満載なのですが、
この公園には、市川団十郎アノお騒がせ男市川海老蔵も出演するのです。
なんという豪華な公演なのでしょう!

e0059520_226587.jpg


昼の部と夜の部があるのですが、私は夜の部のみを見てきました。
歌舞伎は20年前に猿之助(今回猿翁に襲名)のスーパー歌舞伎を見に行って以来で
歌舞伎ファンとは言い難い私ですが、今回のこの演目のチケットを知り合いのDr.Wを通して
手に入れる事ができて、かなり興奮冷めやらなかったのです。

今回は3階席のA席で、前から二列目でした。そこからみた舞台はこんな感じ。
e0059520_21261133.jpg


昼の部の演目はスーパー歌舞伎 ヤマトタケル でした。
夜の部は渋い演目が3舞台と、口上がありました。

 演目
 1.「将軍江戸を去る」・・・中車、海老蔵、団十郎 が出てきます。    
 2.口上・・・市川猿之助、市川中車、市川團子、市川団十郎、市川海老蔵
 3.「猿翁十種の内 黒塚」・・・市川猿之助
 4.「楼門五三桐」・・・市川猿翁、市川海老蔵



幕が変わりました。歌舞伎らしい!
e0059520_21381671.jpg


 さて、私は海老蔵が大嫌いなんですね。例の事件よりも前から、「いけ好かないヤツ
 と思ってました。そして、今もそれは変わらないんですけどね。

 ただ、今回彼の歌舞伎を見て感じたのは、「カッコイイ」 「声が良い」 という、今までと違ったイメージ。

 やっぱり背も高いし、目鼻立ちもくっきりしていて、立ち振る舞いも大きくて迫力があるのです。
 最後の「楼門五三桐」では、彼は五右衛門を演じるのですが、周りの豪華な背景もあって、
 これぞ歌舞伎 という迫力でした。 コチラでちょっと垣間見れます。
 


また幕が変わりました。
e0059520_21495416.jpg
この幕は口上の前に張られるのですが、右側を見てわかるとおり福山雅治の襲名披露へのプレゼントだそうですよ。


さて、亀治郎、いや、四代目 市川猿之助ですが、「猿翁十種の内 黒塚」で老婆(鬼女)を演じます。
これが素晴らしい! ずーっと中腰で演じますが、見せ場の舞いが本当に素晴らしかった。
今回一番、感動したのがこの舞いでした。


また幕が変わりました。
e0059520_21571876.jpg
資生堂提供のようです。


香川照之、いや、市川中車 ですが、まだ歌舞伎役者になったばかりで、やはりそのレベルでした。
声がつぶれてしまっていました。歌舞伎役者のあの独特の裏声やお腹の底からでてくる声では
まだまだなくて、そこがちょっと苦しかったかな。。。
でも努力の人だということは伝わってきました。


夕飯はお弁当を持ち込みました。新橋演舞場の真ん前にあるお弁当屋さんで、
「季節のお弁当 夏祭り」 1300円くらいだったかしら。。。
e0059520_224578.jpg
幕間の30分で席で戴きました。一緒に行ったTさんとオシャベリしながら、イヤホンガイド聴きながら、あっという間の30分。
おいしゅうございました。


それと忘れてならないのが、お土産ね。
e0059520_226748.jpg
襲名記念のお土産が沢山ありましたよ。

右の小箱の中はね。。。。。
e0059520_2274792.jpg



歌舞伎、この年になってやっと良さがわかりました。ハマってしまいそうです。
今回のような出演者と演目は、なかなかチケットが取れないでしょうけど、
また機会があったら是非行きたい!!!
[PR]
by tacoro | 2012-07-08 22:14 | お出かけ | Comments(0)
今年はエリザベス女王即位60周年 ダイヤモンドジュビリー ですね。
6月3日の「テムズ・ダイヤモンド・ジュビリー・ページェント」、ロイヤルファミリーのテムズ川下りの映像には私も興奮しちゃいました。

今年のイギリスのお土産はジュビリーグッズで決まり! 
といっても私は行く予定がないので、もっぱらネットで楽しんでいます

しかし沢山ありますよ〜。  (写真は各サイトからお借りしました)

The Royal Collection ではゴージャスなものが揃っていますよ。
e0059520_933572.jpg



Fortnum&Mason では紅茶やピクニックセットがありました。
e0059520_9391956.jpg



LIBERTYではこんな可愛いスカーフもでています。
e0059520_9434282.jpg


Harrods も定番のベアやショッピングバッグを始め、色々ありました。
私のお気に入りはこのマグカップ。
e0059520_957114.jpg


キャス・キッドソン からも可愛いジュビリーグッズがでていました。
e0059520_1054921.jpg



で。。。。。結局私がお買上げしたのは、Emma Bridgewater のマグカップ。
e0059520_10115848.jpg
e0059520_10125713.jpg
e0059520_10133785.jpg


ユニオンジャックの白を使ったHandSponged(ステンシルみたいなもの?)のマグ。素朴さと色合いが気に入りました。
Emma Bridgewater は、陶器で有名な町、Stoke on Trent にあるブランド。
サイトを見ているだけで楽しくなります。


ロンドンオリンピックが近づいてきているけど、
ジュビリーグッズほどにはオリンピックグッズは盛り上がらないじゃないかな?  
なんて予想しています。
[PR]
by tacoro | 2012-07-07 10:41 | お買物 | Comments(2)