Take it easy!! tacoro.exblog.jp

私の生活に大切な物、もの、者


by tacoro
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:2007 プラハ( 28 )

プラハのユダヤ人地区には、東欧、ロシアの香りのするお土産屋さんが沢山あります。
色鮮やかな素朴な人形や、お馴染みのがマトリョーシカが沢山並んでいます。
そんな中で私が選んだのが、サンタのマトリョーシカ!
e0059520_8311477.jpg

お店で並んでいるのをパチリ。
一番大きいサンタさんの目が私を呼んでそうな気が。。。
一番小さいのは、ほんと、可愛い!

で、他のマトリョーシカと一緒に並んでいました。
e0059520_8322447.jpg
左のサンタさんは、4番目が雪だるま、そして5番目がツリーになっていて、これも可愛いですね。
後ろのイコンもとても綺麗です。

               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

チェコの木のオモチャは有名です。
やっぱり欲しいものが沢山あって、迷いながらこんな物を買ってきました。

スノーマンの回転マシン
真ん中の棒の上のツリーをコマの様に回すと、下のスノーマンがクルクル回ります。
紐がついているのでしばらくすると逆回りするんですね。
e0059520_8353762.jpg


トランペット大好きな宿六が選んだ人形。
ラッパのクルンとした感じと、お顔が可愛いでしょ?
e0059520_8362031.jpg


下に錘の玉がついていて、ヤジロベイと同じで、ブランブランと揺れます。
とても小さくて、4cm位のものなんですよ。
e0059520_8365763.jpg
e0059520_8372094.jpg


動物シリーズで、足がクルクル回って動きます。
いろんな動物がいたのですが、やっぱりワンコとニャンコを選びました。
e0059520_838167.jpg


               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんなに派手な色鉛筆!
甥っ子達へのお土産にしました。
e0059520_839296.jpg

               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


どこかに行くと、必ず壁に飾る物を買ってしまいます。
今回は、ダックスの絵、3枚。 日本で額装して飾っています。
e0059520_8455637.jpg

ハヴェル市場には、チェコのお土産が大終結しています。
その中のお店で買いました。 この女性が描いたのだそうで、記念にパチリ。
e0059520_848751.jpg



ハヴェル市場にはチェコのお土産が一杯!
e0059520_8485727.jpg
e0059520_8491096.jpg

               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


チェコは切手も有名です。図柄がとても綺麗です。
中央郵便局で、スタンプが付いた(使用済みってことですね)古切手がセットで売られていました。
いろんな種類の切手が混じっていて、1枚1枚見ていると、とっても楽しいです。
FDCという、封筒に切手とそれに関連する特別な消印とイラスト印が押されている物があって、
今回2種類を買ってきました。
e0059520_8511085.jpg
e0059520_8512839.jpg
e0059520_8513249.jpg


これがFDC。
e0059520_852323.jpg

これをきっかけに、切手コレクターになりました。
               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

チェコは絵本でも有名ですね。
私は前から欲しかった、「ダーシェンカ」「こいぬとこねこは愉快な仲間」を買ってきました。
2冊とも、カレル・チャペックの作品です。
「ダーシェンカ」は犬好きな私にはタマリマセン!
e0059520_8563186.jpg

e0059520_8572225.jpg
e0059520_8572964.jpg
e0059520_8573634.jpg

               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

プラハはアンティークショップが沢山ありました。
色々見て回った中、Bric a Brac  でボヘミアングラスのショットグラスセットを買いました。
淡い色んな色で6個。
でもね、紫が2つあるでしょ?ってことは1つは他の色だったんでしょうね。。。
あと、グラスの淵が少し欠けていたりして、完品ではありません。
でも、綺麗だから、気にしない、気にしない。
e0059520_901523.jpg
後日談・・・・買ってしまった後、他のお店で同じ物をもっと安く売っていたのを発見。ガッカリ。。。
アンティークって縁だなぁ、ってつくづく思いました。
               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

チェコのマリオネットは有名ですね。
街にも沢山マリオネットのお店があります。
そして、ピンからキリまであって、素材、衣装、大きさによってお値段も全然違ってきます。
私たちは、カレル橋のたもとにあるマリオネット店、で、
とっても可愛い魔法使い?のお婆さんを見つけました。
(ほうきを持っていないから、魔法使いじゃないかも。。。)

e0059520_924098.jpg


大きな鼻に大きな目。目のブルーがとっても綺麗。
口元や目じりのシワがホンワカとした雰囲気をかもし出しています。
e0059520_932210.jpg
洋服や靴も愛らしい。
何しろ全体的にとってもラブリーなお婆さん!

               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

チェコはとっても可愛い物が沢山あって、
私のツボにどっぷりハマッテしまいました。
雑貨大好き、可愛い物大好き、な人にお勧めです。




               ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

これで2007プラハ旅行記は終わりです。
長々お付き合いくださって、ありがとうございました。
[PR]
by tacoro | 2012-09-04 08:26 | 2007 プラハ | Comments(0)
チェコと言えば、ボヘミアングラス。
チェスキー・クルムロフで買った、切子のようなカットグラスが有名だけど、
動物や植物の絵をあしらった水晶彫りも素晴らしいです。

プラハ城の黄金小路にあるお店では、小さい店内にチェコを代表する色々なグラスが並んでいました。
ここの店員さんはとっても丁寧に商品の説明をしてくださり、
また、入れてくれた箱には、いつの時代の物かも書いてくれました。
e0059520_924545.jpg

ここで私が買ったのは、16世紀のレプリカグラス2種類。
森林グラス(Waldglas)」という鉄分を多く含んでいて気泡をわざと入れ込んだグラスです。
素朴で温かみがあって、でも美しいのです。

スラッとシンプルだけど美しいフォーム。
e0059520_942050.jpg


こちらの方は、気泡が中に入っているのがわかりやすいでしょう。
鉄分を多く含ませてわざと気泡を入れるのだそうです。
e0059520_952565.jpg



プラハ城を下る坂道の途中にある店、 Historicke sklo にも行ってみました。
ここも森林グラスを扱お店です。

ここで買ったシンプルな形のワイングラス。
シンプルだけど波打った表情がお気に入り。
e0059520_9101069.jpg


             ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


上のグラスを買った黄金小路にあるお店では、こんな可愛い木彫りの壁掛けも見つけました。
e0059520_9114057.jpg

見た目よりもお高くで、散々迷いましたが、店員さんの
「これはお年寄りのご夫婦のハンドメイドなのですよ」
という一言で決めました。
色違いで緑色もありました。

             ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

黄金小路には、プラハにちなんだキャラクター物を扱うお店もありました。
プラハにちなんだキャラクターって何?
下の写真にも乗っていますが、ゴーレムモーツアルト
その他にもいろいろ。。。
e0059520_9134742.jpg


そしてお買い上げしたのは、モーツアルトとゴーレムの絵本。
e0059520_914356.jpg
e0059520_9151563.jpg
e0059520_915538.jpg


             ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

そして同じお店で、買っちゃいました。
Tシャツ!
e0059520_9164781.jpg


             ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


黄金小路には、素朴な陶器を扱うお店もありました。
e0059520_91895.jpg
エッグ型とベル型のオーナメントをいくつか買ってきました。
ピンク、イエロー、ブルーなど可愛い色と柄があります。

             ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

そして、旅行前から狙っていた代物がこちら。
e0059520_9185412.jpg

真鍮でできたオーナメントがついている、しおり。
紐の両恥に関連した物が付いています。
テディベアに木馬、猫に糸巻き、ティーポットとティーカップ。
これは他にも色んな種類があって、どれを買うか迷います。

黄金小路にしか置いていないらしい?
[PR]
by tacoro | 2012-08-29 09:00 | 2007 プラハ | Comments(0)
チェスキー・クルムロフは小さな町ですが、流石に世界遺産だけの事はあって町の景色が素晴らしいのはもちろん、可愛いお店が並んでいてワクワクします。

この町で買って来たものは。。。。

まずは、この町にある歴史的建物を模した陶器の置物。
素朴な感じですが、塗りもハンドペイントで綺麗です。
e0059520_974571.jpg

写真の左2つと、下の写真の右2つがモデルです。実際の並びと違ったってますね。
e0059520_983019.jpg

e0059520_985450.jpg



 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆     ◆ ◇ ◆ ◇ ◆    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

さてお次は、チェスキー・クルムロフのプレート飾り。
渋いでしょ? 今回お世話になった「プラハ旅」のカオリさんが、「これはまだ見たこと無いわ」と言って
自らお買い上げしていたのを、マネっこしてみました。
e0059520_9121050.jpg

私はこういう「ベタ」なお土産、結構好きです。
スノードームや、ウォーターペンのように、小さい場所にその観光地の名所が濃縮されている所が好き。


 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆     ◆ ◇ ◆ ◇ ◆    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

それから年柄にもなく、こういう物も好きなんです。
e0059520_9163172.jpg

この中からこれを。。。。
e0059520_9162591.jpg

ロバ。町のお婆さんが手作りしていそうな風合いに惹かれました。
赤いしっぽの、これは一体何?ネズミ?、 は寅次郎へのお土産。
しっぽを咥えて振り回して遊んでいます。


 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆     ◆ ◇ ◆ ◇ ◆    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

上のロバと同じお店で買った木馬の置物。
チェコの木のおもちゃは有名ですね。素朴で可愛い。
青色タイプもあってどちらにしようか迷ったのですが赤にしてみました。
e0059520_9181258.jpg



 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆     ◆ ◇ ◆ ◇ ◆    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ボタニクス(BOTANICUS)というチェコの自然石鹸のお店がプラハを始め、アチコチにあるのですが、
カオリさんはチェスキーに来るとそこにあるボタニクスで買うという、ハニーキューブ石鹸。
少しアトピーがあるというカオリさんがお勧めしてくれました。
e0059520_9194056.jpg
良く見ると、蜂の巣が一緒に入っているんですよ。(下の方に見えるでしょ?)
蜂も。。。
ロープは石鹸が溶け易いので、使った後に吊るして乾燥させるためのもの。
香は結構強め。

 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆     ◆ ◇ ◆ ◇ ◆    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

アンティークショップも、ここチェスキー・クルムロフではアチコチで見かけました。
短い時間の中で入ったのがここのお店。
e0059520_9224465.jpg

ここでリキュールグラスを買いました。
e0059520_9211883.jpg

お店の叔父さんが、電卓をもってきて「1880」と見せてくれたのですが、
値段か? と思ったら、1880年の物だ、ということでした。
とても濃くて美しい赤と、カットに惚れてお買い上げ。
[PR]
by tacoro | 2012-08-15 09:04 | 2007 プラハ | Comments(0)

2007 プラハ Ventana Hotel

Ventana Hotel
e0059520_106084.jpg

2007年のGWはプラハで過ごしました。
6泊を同じホテル、Ventana Hotel(ヴェンタナホテル)で過ごしました。
旧市街広場の直ぐそばなので何処に行くにも便利です。

e0059520_107196.jpg

1F,2Fはスワロフスキーのお店で、その上がホテルになっています。
私達の部屋は一番上の向って左側でした。

◇◆◇ Ventana Hotel のお部屋 ◇◆◇

お部屋はスタンダードのツインでした。
部屋No.は35
e0059520_1083818.jpg

インテリアはシンプルながらもお洒落な感じがしました。
充分に広くて使いやすく、写真には写っていませんが、
一人がけの椅子と小さなテーブルも角にありました。

e0059520_1093451.jpg
e0059520_1094465.jpg

クローゼットの右が入り口ですが、ドアを開けて入るとちょっとした間があって、部屋に続いていきます。
e0059520_10103312.jpg


バスルームは普通ですね。
e0059520_10121535.jpg
アメニティも。。。ね。
e0059520_1012232.jpg


窓は角部屋でしたので全部で3つ。
そこからの眺めは。。。。
e0059520_10125467.jpg
1つ目の窓から。
向こうに見えるのは旧市街広場と時計塔。
朝日を浴びて綺麗。

e0059520_10134766.jpg
ちょっと右の方を向くと、赤い屋根とその向こうにティーン教会がちょっと。
窓に映っているのが時計塔。


そして2つ目の窓からはティーン教会が見えました。
e0059520_10142430.jpg

下の方がこんな感じ。
e0059520_10155766.jpg

更に下の方にはマリア像がありました。
e0059520_10162580.jpg

そして3つ目の窓からの眺め。
e0059520_10172184.jpg



◇◆◇ Ventana Hotel のオープンスペース ◇◆◇

こじんまりした入り口
e0059520_10211457.jpg


中に入るととてもシックな雰囲気です。
e0059520_10223081.jpg


床が素敵!
e0059520_1023792.jpg

エレベータは小さいけれどスケルトンでお洒落。
e0059520_10243746.jpg

エレベータを囲むように階段があります。
e0059520_10244452.jpg

階段の窓からは。。。。
e0059520_10253688.jpg

レストランのバーが見えました。


そしてレストラン
e0059520_10262476.jpg

ロビーとは打って変わって明るい。
全体的にシックなインテリアなのですが、シャンデリアが何気にマッチしているんです。
e0059520_1027986.jpg


本棚がありました。どんな本が並んでいたかというと。。。
e0059520_10283286.jpg

芸術、インテリア関係の本が多かったでしょうか。。
e0059520_10282945.jpg


e0059520_10292511.jpg


プチホテルなので人もそんなに多くなく、静かだけれど立地はよくて
とてもくつろげるホテルでした。
定宿にしたいです。

2007.4.28~5.4(6nights)
270EUR/泊
[PR]
by tacoro | 2012-08-08 10:02 | 2007 プラハ | Comments(0)
とうとう今日は帰国の日。6時に起きました。
朝食を食べに行くと、いつもサーブしてくれるお姉さんが、いつもの通り、「コーヒーね」と声をかけてくれました。「今日、帰国するのよ」と言おうかどうか迷ったのだけど、結局何も言わず終い。。。。

そうそう、このVENTANA HOTEL の朝食をまだご紹介していなかったですね。
e0059520_21422681.jpg
e0059520_21425646.jpg
e0059520_21431625.jpg
e0059520_21433647.jpg
e0059520_2144657.jpg

シャンパンの横にはちゃんと苺が置かれていて、プリティウーマン?
e0059520_21445999.jpg


昨日のうちに、エアポートバスを8:30に予約していたので、そうそうチェックアウト。
スケルトンのエレベーターを降りていく途中で、レストランの彼女を見かけ、目が合ったのでバイバイと手を振りました。彼女も振り替えしてくれて、きっと私達の帰国を知ってくれたと思います。毎朝気持ちのよい朝食を有難う!

8:15なのに、もうバスが来ていました。バスは他のお客さんもいなく二人だけで、直行で空港へ。9時には到着しました。順調にチェックインもし、免税手続きも行い、30ユーロが戻ってきました。

プラハ ルズィニエ空港。新しくて綺麗です。
e0059520_2146158.jpg


中に入って免税店をプラプラします。それほど多くのお店はないのですが、スワロフスキー、モーゼルなどのお店もありました。
e0059520_21473270.jpg


搭乗口に向かい、11:00の搭乗時刻を待ちながら、近くのバーで最後のビールを飲んでいると、何やら周りがバタバタし始めました。隣に座っていたマダムが様子を見に行ってきて戻ってくるなり「キャンセルよ!」と叫んでいました。 

え?キャンセル?????ルルルルル~?
慌てて搭乗カウンターに行くと、掲示板に「CANCEL」の文字が。。。。 いや~っ! 

 カウンターでどうすればよいのか聞いたたら、「乗り継ぎカウンターへ行ってください」と。どこら辺にあるか一応教えてくれたので急いでそちらの方向に向いました。でもどこだか全然わかりません。かなり遠くまで行って、また引き返してくると、係員が誘導していました。そこでやっと乗り継ぎカウンターにたどり着く事ができました。もう、汗だくだく。。。
 カウンターに行くと、1組の日本人のご夫婦がいらっしゃって、とっても安心しました。私達だけじゃないのね!カウンターに並んでいると、もう1組のカップルも慌ててやってきました。このお二人も汗だくだく。。。更に安心感が増したのは言うまでもありません。

 日本人の私達3組はやっぱり出遅れていて、列の最後です。3組とも同じ便でウィーン経由東京までだということがわかりました。このプラハ~ウィーンの便に乗れなければ、ウィーンから東京への便も間に合いません。ちょうど今日はGWの最終日前。きっとどこの飛行機も日本行きは一杯だろう、そうなるとここでもう1泊するのか?それとも悪評高いアエロフロートとかになってしまうかも。。。などなど色々と話をして順番を待ちました。
 やっと順番が周ってきた時、カウンター窓口に6人がズラー~っと並んで、「どうしてくれんのよ!」パワーを発信しました。
 係員が数名でチャカチャカとキーボードを叩いて待つこと数分。 ルフトハンザでミュンヘン経由東京が取れました。1組はなんとビジネス。多分もともとビジネスなのでしょう。 
 キャンセルの理由は機材の故障だそうで、食事券をくれたので、さっきのバーに行き、やっと落ち着きました。 
 結局、この新しい便で帰国しても日本到着時間は2時間ほどしか違わないようで、まずは何よりでした。

ミュンヘンまではエアードロミテ。やっぱりプロペラ機でした。
e0059520_21511077.jpg


エアードロミテ、なかなか快適でした。機内食の軽食も結構充実。葡萄も美味しかった。
e0059520_21514971.jpg
e0059520_2152364.jpg


無事にミュンヘンに到着。ここではあんまり時間が無いのだけど、まずはお土産屋さんに行って、ミュンヘンのスノードームをゲット!本来ならウィーン空港でウィーンのスノードームを買う予定だったのですが、ミュンヘンのスノードームも未だ持っていなかったので、結構満足。
 ミュンヘンを定刻より10分送れて、15:50に出発。ミュンヘン~東京のルフトハンザの機体は少し小さいのですね。2-4-2のシートでした。 またルフトハンザは、今時まだTVが各シートに無く、スクリーンでの上映です。

もうすっかり安心して、お飲み物サービスを楽しみました。スナック、何気に可愛い形で、ちょっと並べてみました。
e0059520_21535212.jpg
e0059520_2154478.jpg


機内食は。。。
e0059520_21545442.jpg
e0059520_2155627.jpg
お味は。。。うーん、まずまず。サラダがフレッシュでした。
 
食事の後は、機内販売でネックレスをお買い上げ。結構機内販売に私は弱いのです。。。。
映画も見ないで暴睡した後、朝食です。また食べるの?って感じですよね。

朝食はやっぱり卵料理です。これがまた。。。。
e0059520_2156295.jpg


土曜の12時ごろ、無事に成田に到着し、プラハの旅が終わりました。

プラハは、とてもロマンティックで街は本当に美しいかったです。 雑貨やアンティークを巡って路地のそぞろ歩きがお勧めです。また今回は行けませんでしたが、プラハ近郊にはまだまだ素敵な所が沢山ありそうです。
また機会があったら是非訪れたい国でした。
 

おわり

次回はホテルやお土産などをご紹介します。
[PR]
by tacoro | 2012-08-01 17:30 | 2007 プラハ | Comments(0)

2007 プラハ 22 最後の夜

2007.05.03
とうとうプラハ最後の夜になってしまいました。プラハに6泊、ゆっくりと街を楽しんできました。でもあっという間。
 さて最後の晩餐は。。。。
さすがに結構疲れていて、あまり遠くに行きたくありません。どこにしようかな。。。。。 
あ、そうだ!ホテルの直ぐそばにあるウンゲルト広場にあるレストランにしましょう。。。。昼間の広場の雰囲気自体もよかったし、何となく落ち着く感じがしていたのを思い出しました。METAMORPHIS というホテルにあるレストラン、Vabene

ウンゲルト広場にあるレストランVabene
e0059520_16533623.jpg

このテラスでいただきました。ここで初めてチェコのワインを頂いたのですが、とっても美味しかった!
ハウスワインなのでどこの銘柄なのかは定かではないのですが、とっても爽やかでフルーティーで疲れた体に染み渡っていくようでした。

 ワインを頂きながら、そうそう、すっかり忘れていたスメタナのモルダウのMDを取り出して聞いたのでした。最初の予定では、この曲はプラハの高台に行って、オレンジの屋根とモルダウ川を眺めながら聞く予定だったのに、すっかり忘れてしまっていたのでした。。。。
でも最後の夜にこの曲を聴きながら、この6日間のプラハ・カルロヴィヴァリ、チェスキークルムロフの景色を思い浮かべ、旅の終わりを楽しみました。
e0059520_16555825.jpg

さてオーダーしたものは。。。ここまで来て、何故かやっぱりパスタが食べたくなりました。そう、のびちゃってそうなパスタです。でも何となく少しは良い物が出てくるかな、と期待も込めてオーダーしてみました。

その前に、ちょっと肌寒かったので暖かいミネストローネスープをオーダー
e0059520_16572251.jpg

そして。。。
e0059520_16582189.jpg
やっぱりノビていたパスタ。。。。。ソースはGood.

宿六はもうこの旅で何回めだろうか?ヴェプショヴィー・ジーゼク(豚のカツレツ)。好きだなぁ。。。お互い。
e0059520_16585078.jpg


食後、清算の声をかけたけど、なかなか来ない!来ない!来ない!
来た! 花売りが来た! 来ちゃった!  でも買ってもらえなかった。。。。


夕食を終えてホテルに向う途中に見えたティーン教会の裏側。
e0059520_1713449.jpg
トワイライトに浮かび上がった塔の先端が美しいです。

最後の夜景を撮りに、脚立をもって旧市街広場に向いました。
e0059520_1722897.jpg

e0059520_1731091.jpg
e0059520_1732154.jpg


最後の夜、プラハの美しい夜景を目に焼き付けました。
明日はとうとう帰国です。
[PR]
by tacoro | 2012-07-25 10:46 | 2007 プラハ | Comments(0)
BRIC a BRACでアンティークを物色した後、新市街の本屋さんに向いました。
途中、ハヴェル市場にまた立ち寄って、なぜか赤い物にトリツカレタように、写真を撮ってしまいました。目にしみるような、でも色んな、こうやって比べてみると、自然の色ってスゴイな、って素直に感じます。
e0059520_1751097.jpg
e0059520_1753716.jpg
e0059520_176878.jpg
e0059520_1763691.jpg


市場を抜けて、お昼を食べにまたカフェ・ルーブルに行く事にしました。
今回頂いたのは、クラブサンドとビール。普通に美味しかったです。
e0059520_1774710.jpg

この後は隣にあるスーパーテスコにまたまた行ってみたり、プラプラと新市街の方へだんだんと近づいて行きました。

新市街も、さすがプラハですね。見上げると色んな様式の建物が並んでいる事に気づきます。何の建物かよくわからなかったけれど、ちょっと気になった建物がこれ。
e0059520_1794937.jpg


さて、新市街で一番賑わっているのが、ヴァーツラフ広場。ここはチェコの近代歴史上、とても大きな事件がおきた所。
プラハの春」時の、ヤン・バラフの焼身自殺、1989年の無血革命、ビロード革命。。。。
なのに、 ここの写真を1枚も撮っていないことに愕然。。。

今はすっかり、一番の賑わいをもった繁華街です。大きな本屋さんもここに数件あります。
目的の「ダーシェンカ」があるか数件のお店を覗いていました。そして多分一番大きいと思われるお店でついに見つけました!それも割引価格で山積みでした。れれれ?


絵本売り場、こんな感じの品揃えでした。
e0059520_17123656.jpg

絵がやっぱり可愛いので、読めなくても見てるだけで楽しい。
e0059520_17124975.jpg

目的の本も買って、またホテルがある旧市街へ戻ります。
途中、かわいいお店をみつけました。
布をつかったぬいぐるみのお店!ART DEKOR  ぬいぐるみは手作りだそうで、他にも子供服なども置いてありました。
e0059520_17143833.jpg
e0059520_1715583.jpg
ここでは、ロバとカバを買ってきました。

お店をでてまたフラフラと歩いていると。。。ちょっと目を惹く建物がありました。
ヨゼル・ゴチャールの設計による、「黒い聖母の家」。代表的なキュビスム建築です。内部には、「チェコ・キュビスム博物館」になっていて、絵画や彫刻、家具などが展示されているそうです。カフェもあります。

キュビスム様式は、絵画で有名ですね。ピカソ、ブラックが代表的でしょうか? このキュビスム様式を建物に取り入れたのは、チェコだけだそうです。多面性が特徴。
e0059520_17181917.jpg


たらたらと歩き続け、またまた路地に足を踏み入れていくと、いい感じのカフェがありました。。。
e0059520_17192462.jpg


小道ってほんと、面白いですね。
[PR]
by tacoro | 2012-07-18 10:02 | 2007 プラハ | Comments(0)
2007.05.03
橋塔からの素晴らしい眺めを見た後は、プラプラと気が向くままに。。。
そういえば、宿泊しているホテルの直ぐ裏手には、ウンゲルト広場があるのだけど、そこに全然行ってないのい気づきました。
この広場辺りにはカフェやお店が程よくあったり、のんびりした感じもあったりして、
なかなか雰囲気がよいです。

広場の入り口。気持ち良さそうな広場です。
e0059520_19125839.jpg

中に進むとこんな感じ。大きな木があって、程よい広さで、落ち着く感じがしました。
e0059520_19141869.jpg


広場の周りにはワインバー、カフェ、レストラン、マリオネットのお店や、画廊、本屋、雑貨屋さんなどが並んでいます。
本屋さんを見て思い出しました!チェコは絵本でも有名なのです。とても絵が可愛いくて、日本にもたくさん翻訳されているようです。チェコでは絵本のキャラクターが国民キャラクターになるくらいの絵本天国だそうで、私も欲しい本があったのです。
ダーシェンカ」という本。著者はカレル・チャペック
彼が自分の飼っていた犬の生活をイラストと写真をつけて綴ってある本です。この本の写真を持ってきていたので、早速広場にあった本屋さんに入ってみました。
ここの本屋さん、小さいのですが、センス良く本が並べてあってなかなか素敵。絵本コーナーに行ってみたけど、見つからないので、店先でお喋りに夢中になっていた店主さん(と思われる)人に、写真を見せて尋ねてみました。
 すると、「ここには置いてないです。多分××の本屋ならあるかもしれない」と教えてくれました。
そして「この本はとっても古い本だよ。僕の父親が子供だった頃にとても人気があった本だよね」と。
 教えてもらった本屋さんは、正直全くどこだかわからなかったので、後で新市街にある大手の書店にいくことにしました。

さて、アンティークのお店もこの広場の直ぐ近くに数件あります。最初に来た日から気になっていたお店があったので行ってみます。
e0059520_1918690.jpg

Bric a Brac というお店。入り口からして、なんだか面白そうなお店です。
中に入ると、小さな場所に物凄く沢山のアンティークがギッシリ!アンティークといっても、高級アンティークではなく、ブリキのおもちゃ、カップ、グラス、ボタン、楽器、バック。。。。などなど。 面白い!

じっくりと眺めていると、いつの間にか他のお客さんがいなくなり、私達だけになってしまいました。
すると、店主さん、これまたイカニモ!とい風情ある方なのですが、この店主さんが、「もう1軒店があるけど、見たい?」とサプライズの一言。「はい!もちろん!!!!」
 ということで、おじさん、すぐに店に鍵をかけてレッツゴー! 歩いて2,3分。小道を入っていくと、そのお店がありました。

ここがもう1軒の BRIC a BRAC 周りの雰囲気もいい感じ。。。
e0059520_1921980.jpg


鍵を開けてくれ、「さあ、どうぞ」と。
中にはいると、うひゃ~! お宝?ザックザク状態です。もう興奮!ワクワク!


長細い店内には物がビッシリ!
e0059520_19325238.jpg


ビーズのアンティークバッグ。こいういの好きなのですが、持っていく場所を考えると結局買えませんでした。
e0059520_19335065.jpg


気になったカード。絵が面白そう。
e0059520_19345693.jpg


カップやグラスも沢山。左下の赤い淵のあるティーポット、今思えば買えばよかったかなぁ。。。
e0059520_19353264.jpg


かなりの時間ここのお店にいました。そして、結局お買い上げしたのは、チェコクリスタルのショットグラスセット。6個のショットグラスがシルバーの台に並べてあるもので、クラックが所どころあったりするので、使わないで飾っておくことにしました。

BRIC a BRAC の店内の様子がこのサイトで見れます。
http://www.360cities.net/image/bric-a-brac#-47.94,-12.35,74.7


すっかり気分良くなってお店をでました。次は本を探しに新市街へ。

つづく。
[PR]
by tacoro | 2012-07-11 09:10 | 2007 プラハ | Comments(0)
2007.05.03
今日は最後の一日。さて何をしましょうか。。。
気になっているのは両母達のお土産
プラハでは、琥珀とガーネットのお店が何しろ多いので、ここはやっぱりこれらの小物にしようと決めました。ただ、本当にデザインがダサいんです。
琥珀にいたっては、大きな数珠玉みたいなネックレスが飾ってあったり、誰がこれをつけるんだろう?と首を傾げてしまうようなデザインが多いのです。
そんな中でも、昨日チラッと見かけたマラー・ストラナ地区にあったお店がセンスが良かったので、その店にまずは行く事にしました。

 共和国広場の時計が丁度9時だったので、ゆっくりと見てみました。この時間だと人はマバラです。
仕掛け時計がオープン! チラッとだけど見えますね。こんな程度です。
e0059520_20261255.jpg

カレル橋に向って王の道を歩いていきます。何度この路を歩いたことか。。。
橋のたもとにある橋塔に登ろうと思ったのですが、10時オープンで未だ閉まっていました。


カレル橋にのたもとにある橋塔の下から、カレル橋とプラハ城がこんな風に見えました。
e0059520_20291991.jpg


橋の手前直ぐ近くにスメタナ博物館があるのを思い出し、そちらに向いました。ところがここもオープン前。
でも博物館の前にあるカフェからは、これまた美しい景色を望むことができたのです。
スメタナ像、モルダウ川、カレル橋、そしてプラハ城。。。。。
e0059520_20305590.jpg


カフェもまだオープンしていなかったので、とても静かでゆっくり堪能できました。お勧めスポットです。
本当はここで日本からもってきた、「モルダウ」の曲を聴きたかったのですが、宿六はすっかりホテルに忘れてきていて、がっかり。。。。


西側の橋塔をくぐればマラー・ストラナ地区。
e0059520_20322361.jpg


カレル橋を渡りマラー・ストラナ地区を目指します。昨日も来たのですが、今日のほうが時間も遅く、ゆっくりとウィンドウショッピングをしながら歩きました。

マラー・ストラナ広場前のカフェから。
e0059520_20331249.jpg


さて、肝心のお店にたどり着き、しばしショッピング。結局琥珀のブレスレットとガーネットのブローチを両母に買い、自分へのお土産に、ほっそーいシルバー台の琥珀のブレスレットを買いました。シルバーの時計に絡ませると綺麗かな。。。。

その後、クリスタルのお店で人形やグラスマーカーなどの小物を買ったり、プラプラとウィンドウショッピングや裏路地を歩いたり。。。。

可愛いブタのマジパン。思わずパチリ。
e0059520_20351659.jpg


古本屋さんのウィンドウ。可愛いクマの古本や後ろには小鳥の絵本。
手前左には、これぞ共産圏、という雰囲気の本。 色んな本がありそうでした。
e0059520_20361154.jpg



裏路地に入ると、教会がありました。とても趣のある入り口でした。
e0059520_20365467.jpg


中を覗いてみると。。。。。。これまた落ち着いた雰囲気のある前庭。
e0059520_20372593.jpg


e0059520_20382282.jpg
この辺りではピアノの音色が聞こえていました。多分、このオレンジ色の建物が音楽学校みたい。
教会があって、静かで、ピアノの音色が聞こえてきて。。。。
マラー・ストラナ地区は、まだまだ素敵な場所がありそうだ、と感じました。
今度はこちらにホテルを取って、ゆっくり散策してみたいです。


さて、カレル橋を戻り、最初に上ろうと思っていた、橋塔へ。 
一人50コルナを払って上ります。ここからの眺めもまた、本当に素晴らしかったです。

絶景!
e0059520_20402410.jpg

反対側は旧市街。プラハが「百塔の街」と言われるのも納得。
e0059520_20413798.jpg


最後に素晴らしい景色を眺められて感激!

 つづく
[PR]
by tacoro | 2012-07-04 08:23 | 2007 プラハ | Comments(0)
2007.05.02
グラスやマリオネットなどのお店を楽しんで、一旦ホテルに戻ります。途中、旧市街広場にある有名な天文時計(からくり時計)が丁度17:00だったので見学していくことにしました。もうプラハに来て5日目だというのに、まだこのカラクリ時計が開く所を見たことがないのです。時計の前は物凄い人、人、人!その中に混じって今か今かと待ちました。そして17:00丁度、上の窓が開き、キリストの12使徒が代わる代わる姿を現しました。あれれれ。。。これだけですか??? まあ、前評判で「ガックリする」とは聞いていましがので、期待通りの感じでした。

ごめんなさい、これは開いていない時の写真です。開いていても、さほど変りませんが。。。
e0059520_16473179.jpg


さて、ホテルに戻り、一休み。今夜はちょー有名なビアホール、「ウ・カリハ」に行く事にしました。チェコでは、ビアホールの事を、「ピヴニッチェ」というそうです。 ウ・カリハは、ホテルからは歩ける距離ではありません。ここで初めて地下鉄に乗ることになりました。思えば空港に到着してすぐに買った、7日間フリーパスは一度も使っていませんでした。ここで使わなければ、ただの紙切れと化してしまいます。さあ、フリーパスを持ってレッツゴー!

チェコの地下鉄は深いらしく、かなり長いエスカレーターを下ります。速度も速いし、傾斜もかなり感じます。
e0059520_1650579.jpg

電車は新しそう。中の赤い椅子やポールが可愛い。
e0059520_16512457.jpg
e0059520_16513876.jpg


ウ・カリハの最寄り駅は、I.P Pavlova。駅から歩いて5分位でしょうか。。。ピンクの壁のお店でした。
ウ・カリハ 向こうに緑色の軍服を着た兵隊さんが目印の看板
e0059520_16523490.jpg


入り口の案内係りに「予約は?」と聞かれたので、「予約はしてない」とつげると、大ホールではなく手前の小ホールのテーブルになりました。奥の大ホールは予約で一杯のようです。
席についてまずはビールをオーダー。そしてゆっくり辺りを見回したところ、ビックリ!
壁一面、落書きで一杯です。面白い!

漫画や文字が壁中に一杯! よくよく見ると卑猥な絵もあったりして。。。。
e0059520_16551125.jpg
e0059520_16552538.jpg


このウ・カリハは、「善良な兵士シュヴェイク」の作者、ハシュクがよく通ったお店として有名で、そのキャラクターがこのお店のシンボルでもあります。となると。。。。この壁に書かれている絵も、ハシュクの作品なのかしら???店内はシュヴェイクのキャラクターで一杯です。
それともう一人常連だった有名人がいます。それは、カフカ。ここで彼は他人の奥さんを恋い慕ってラブレターを書いていたとか。。。016.gif

これは人形。中に入ると、すぐにお出迎えしてくれます。
e0059520_1659317.jpg
e0059520_1659212.jpg


メニューとお皿。ここは、世界中の観光客がやってくるため、何十カ国ものメニューが用意されています。
色分けされていて、日本語は白でした。
e0059520_1701629.jpg
e0059520_1703025.jpg


まずはビールとおつまみにチキンロールと、サラダをオーダー
e0059520_1712868.jpg

お通しに山盛りピーナッツとパン。このパン、美味しかったです。
e0059520_1714195.jpg


私達は二人がけのテーブルをもらえたけれど、後から後からお客さんがやってきて、相席にされていたようです。何しろドンドン混んでくるのです。

イギリス?のお客さんが6,7人でやってきました。もう凄いハイテンション!まだ飲んで間もないのに、かなりヒートアップしていて楽しそうです。
するとその中の一人が壁に落書きをし始めました。壁を良く見ると、ビッシリと字が書き込まれているのですが、こうやってお客さんが書き残しているんですね。ということで、私もちょっと書いておきました。

テーブルの上に乗り上げちゃって! 
e0059520_1734529.jpg

私は小さく可愛く、それにシャーペンしか持ってないのですぐ消えてしまいそう。。。
e0059520_175734.jpg


お店にはシュヴェイクグッズが販売されていました。
e0059520_176172.jpg
 
もちろん、ハシュクのイラストも飾られていたけど、これは非売品。
e0059520_1764467.jpg


さてさて、メインはこんなものを頂きました。
私がオーダーしたのは、鴨のロースト。付け合せにはもちろんクネドリーキ。
e0059520_1773140.jpg

宿六のオーダーした、豚のカツレツ。 これ、何回か色んなお店でオーダーしたけど、夫々オリジナリティがあるみたい。
e0059520_178151.jpg


途中、音楽隊がやってきました。物凄く盛り上がってきました。
e0059520_1785652.jpg

イギリス人の例のお客さんの一人が、兵隊帽子をかぶって、敬礼!かなり出来上がっているようです。。。。。
e0059520_1794781.jpg


私達のテーブルのある小ホールも盛り上がっていましたが、大ホールでは更に盛り上がっているようで、大合唱が聞こえてきます。

さてデザート。やっぱり名物のパラチンキ。クレープの中には果物、そしてアイスクリームと生クリームがたんまり!
でも見た目ほどヘビーではなく、ペロッと食べてしまいました。
e0059520_1711064.jpg



大盛り上がりだったので、後ろ髪を引かれる気持ちでお店を出ました。
また来た通り地下鉄に乗って帰ります。
地下鉄を降りて地上にでたら、すっかりロマンティックな夕闇になっていました。ちょっと街をプラプラしながらホテルに戻りました。
e0059520_1712266.jpg
e0059520_17124013.jpg
e0059520_17125549.jpg

旧市街広場。本当に建物もライトも石畳も綺麗。
e0059520_17133650.jpg


明日は最終日。一体何をしようかな。。。
[PR]
by tacoro | 2012-06-27 17:14 | 2007 プラハ | Comments(0)