Take it easy!! tacoro.exblog.jp

私の生活に大切な物、もの、者


by tacoro
プロフィールを見る
画像一覧

ミュシャ展に行って来ました

GWも6日目の今日、ミュシャ展に行って来ました。

e0059520_18260241.jpg

混雑するだろうなっと思ったので10時開場の所、9:20頃到着してオープンを待ちました。


六本木駅から途中のセブンイレブンでミュシャ展のチケットを買って国立新美術館へ。
9:20頃で前に50人程並んでいました。

e0059520_18322670.jpg

GWのせいか9:30に開場され、館内の中を誘導されミュシャ展の部屋の入り口前で乃木坂駅入り口に並んでいた人達と合流して、暫し待たされました。が、10時より早い9:45頃に遂に部屋に入場できました。
音声ガイドを借りて周ります。

入るといきなりの「スラブ叙事詩」が現れて。。。
感動です。。。



e0059520_18381710.jpg

以前プラハ旅行でミュシャ美術館に行った事があるのですが、そこはこじんまりしていてポスターが中心でした。
スラブ叙事詩はチェコの地方の美術館にあって、なかなか見に行くのも辺鄙な場所だったと記憶しています。
それが世界で初めてチェコ以外の国で全20作が揃うというので、見に行かないではいられません‼️

e0059520_18465686.jpg

写真撮影可能なエリアがありました。

e0059520_18474480.jpg

上の絵の左下に描かれている若者はミュシャ自身だとか。
e0059520_18484193.jpg

この1枚は未完作。
e0059520_18492872.jpg

手前の女の子はミュシャの娘さんだそう。
e0059520_18501272.jpg

そして最後の20枚目がこれ。
e0059520_18504794.jpg

美しい。。。
晩年の約16年間を捧げた壮大なプロジェクト《スラヴ叙事詩》の最後の「スラブ民族の賛歌」
未来に希望を持った作品。
スラブ叙事詩が見れて良かった。。。

スラブ叙事詩がメインですが、それ以外の有名なポスターも展示されていて、見ごたえありました113.png

別の展示で草間彌生展も開催されていました。
e0059520_19015922.jpg

e0059520_19021270.jpg

水玉、水玉、水玉178.png





[PR]
Commented by desire_san at 2017-05-28 16:15
こんにちは、
私もミュシャ展で『スラヴ叙事詩』を見てきましたので、画像を見せていただき、美術展を再体験することができました。ミシャの美しく輝かしい女性を描いたポスターと、今回のミュシャ展の本命である『スラヴ叙事詩』を比べると、同じ画家が描いたとは思えないほど雰囲気が違うのに驚きましたが、目が慣れてくると『スラヴ叙事詩』のすばらしさがだんだんわかるようになりました。ミシャは、自分たちの歴史と向き会える絵画作品は、目から心に直接はたらきかけ、人々の知性と感情に訴える力があると考えました。国民のひとりひとりが未来に確かな希望を持って、自分たちの歴史と向き会える絵画を見せることで、チェコの過酷な歴史的環境の中で、チェコ人が中世から近世、近代、現代へと世界を変革する重要な思想と社会の仕組みや発明を生み出した歴史に気づき、国民のひとりひとりが未来に確かな希望を持って生きられるようになることとを目指しているように感じました。

私も自分なりにミュシャと「スラヴ叙事詩」の魅力と鑑賞のポイントを読み解いてみました。ご自身の印象と比べて考えてみる上でも是非目を通してみてください。私の作品の見方についてご感想やご意見などコメントをいただける大変うれしく、感謝いたします。


Commented by tacoro at 2017-06-04 20:41
desire_san、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。今日もNHKの日曜美術館でこの展示会を取り上げていましたね。
プラハに行った時にムハ美術館に行って初めてスラブ叙事詩のことを知りました。見に行きたいと思ったけど叶わず。。。
で、まさか日本でその全てが見れるとは思いませんでした!勉強不足の状態で見ても、心に迫るものを感じました。チェコにまた行きたくなりました。
by tacoro | 2017-05-04 18:24 | お出かけ | Comments(2)