Take it easy!! tacoro.exblog.jp

私の生活に大切な物、もの、者


by tacoro
プロフィールを見る
画像一覧

七月大歌舞伎  襲名披露公演に行ってきました。

 七夕の日、7月大歌舞伎を見に、新橋演舞場に行ってきました。
e0059520_21134178.jpg


 演目は、今話題の4人の襲名披露公演です。詳しくはコチラを。
e0059520_21145445.jpg

 二代目 市川猿翁・・・元、市川猿之助
 四代目 市川猿之助・・・元、亀治郎
 九代目 市川中車・・・香川照之
 五代目 市川團子・・・香川照之の息子
この4人の襲名披露公演ということだけでも見どころ満載なのですが、
この公園には、市川団十郎アノお騒がせ男市川海老蔵も出演するのです。
なんという豪華な公演なのでしょう!

e0059520_226587.jpg


昼の部と夜の部があるのですが、私は夜の部のみを見てきました。
歌舞伎は20年前に猿之助(今回猿翁に襲名)のスーパー歌舞伎を見に行って以来で
歌舞伎ファンとは言い難い私ですが、今回のこの演目のチケットを知り合いのDr.Wを通して
手に入れる事ができて、かなり興奮冷めやらなかったのです。

今回は3階席のA席で、前から二列目でした。そこからみた舞台はこんな感じ。
e0059520_21261133.jpg


昼の部の演目はスーパー歌舞伎 ヤマトタケル でした。
夜の部は渋い演目が3舞台と、口上がありました。

 演目
 1.「将軍江戸を去る」・・・中車、海老蔵、団十郎 が出てきます。    
 2.口上・・・市川猿之助、市川中車、市川團子、市川団十郎、市川海老蔵
 3.「猿翁十種の内 黒塚」・・・市川猿之助
 4.「楼門五三桐」・・・市川猿翁、市川海老蔵



幕が変わりました。歌舞伎らしい!
e0059520_21381671.jpg


 さて、私は海老蔵が大嫌いなんですね。例の事件よりも前から、「いけ好かないヤツ
 と思ってました。そして、今もそれは変わらないんですけどね。

 ただ、今回彼の歌舞伎を見て感じたのは、「カッコイイ」 「声が良い」 という、今までと違ったイメージ。

 やっぱり背も高いし、目鼻立ちもくっきりしていて、立ち振る舞いも大きくて迫力があるのです。
 最後の「楼門五三桐」では、彼は五右衛門を演じるのですが、周りの豪華な背景もあって、
 これぞ歌舞伎 という迫力でした。 コチラでちょっと垣間見れます。
 


また幕が変わりました。
e0059520_21495416.jpg
この幕は口上の前に張られるのですが、右側を見てわかるとおり福山雅治の襲名披露へのプレゼントだそうですよ。


さて、亀治郎、いや、四代目 市川猿之助ですが、「猿翁十種の内 黒塚」で老婆(鬼女)を演じます。
これが素晴らしい! ずーっと中腰で演じますが、見せ場の舞いが本当に素晴らしかった。
今回一番、感動したのがこの舞いでした。


また幕が変わりました。
e0059520_21571876.jpg
資生堂提供のようです。


香川照之、いや、市川中車 ですが、まだ歌舞伎役者になったばかりで、やはりそのレベルでした。
声がつぶれてしまっていました。歌舞伎役者のあの独特の裏声やお腹の底からでてくる声では
まだまだなくて、そこがちょっと苦しかったかな。。。
でも努力の人だということは伝わってきました。


夕飯はお弁当を持ち込みました。新橋演舞場の真ん前にあるお弁当屋さんで、
「季節のお弁当 夏祭り」 1300円くらいだったかしら。。。
e0059520_224578.jpg
幕間の30分で席で戴きました。一緒に行ったTさんとオシャベリしながら、イヤホンガイド聴きながら、あっという間の30分。
おいしゅうございました。


それと忘れてならないのが、お土産ね。
e0059520_226748.jpg
襲名記念のお土産が沢山ありましたよ。

右の小箱の中はね。。。。。
e0059520_2274792.jpg



歌舞伎、この年になってやっと良さがわかりました。ハマってしまいそうです。
今回のような出演者と演目は、なかなかチケットが取れないでしょうけど、
また機会があったら是非行きたい!!!
[PR]
by tacoro | 2012-07-08 22:14 | お出かけ | Comments(0)